• 開けたての新鮮さを長期間保つため、ボトル設置時にチューブに手を触れないようにお願いします。
    • 抗菌作用の非常に高い医療用/水道用のチューブを使用していますが、チューブに手が触れてすぐに葡萄酒内に入ると、手の雑菌がワインに流れる可能性があります。
  • 正確に注ぐため、初めて装置を使用する時や、注ぐ量が気になるときはキャリブレーション(環境に合わせたゼロ点合わせ)を行ってください。
    1. 水を入れたボトルを設置
    2. 🍷ボタンを1回押し、重さや量を確認 (初期設定では30ml注がれる)
    3. 測定し設定値(30ml)であればキャリブレーション終了
    4. 少ない、多い場合は下記の調整が必要です。
    5. 💡ボタンを長押し、”H3”が点灯、そのまましばらく待ち、数字が点滅したら、その数値を点滅している間に△▽で調整 (多くの場合は20~25)。
      • 量が少なければ△を押し、数字を上昇させる
      • 量が多ければ▽を押し、数字を下降させる
    6. 設定したら手を放す。点滅が終了したら2に戻り再測定

 

Back to Menu of VinoLungo site