窒素ガスは比重が軽く、固体や液体に溶けにくいため、飲食品のオリジナルの状態を維持することに適しています。そのため飲食品の風味やビタミン維持しながらの酸化や変色の抑制に効果を発揮します。風味を維持するためには固体や液体に溶けやすいガス成分(二酸化炭素、アルゴン、酸素)を、酸化や変色を防ぐために酸素を置換することで飲食品を新鮮に保ちます。
また窒素ガスは卵の孵化を抑制するため、防虫にも使用されます。

二酸化炭素は比重が重く、固体や液体に溶けやすく、酸味や苦みを増加させますが、単価も安く、防虫・防カビ・酸化防止効果が高く、静菌作用もあるため、食品の腐敗防止に多く使用されています。また飲料の発泡化や肉類をジューシーにすることにも使用されています(タンパク質の分解能力が高いため)
また、エチレンを制御するため、エチレンガスを発生させ腐敗する果物や野菜類を申請に保ちます。

 

 

期待される効果

*上記は社内および治験データです。使用する食品の状態、保存環境、ガスの使用量により効果は異なります。