空気中のガス成分の特性

高純度の食品用窒素ガス

比重が軽く、固体や液体に溶けにくいため、飲食品を変質させず、オリジナルの状態を維持することに適しています。そのため飲食品の風味やビタミン維持しながらの酸化や変色の抑制に効果を発揮します。

風味を維持するためには高純度の食品用窒素ガスで固体や液体に溶けやすいガス成分(二酸化炭素、アルゴン、酸素)を、また酸化や変色を防ぐためには酸素を置換することにより、飲食品を新鮮に保ちます。
また窒素ガスは卵の孵化を抑制するため、防虫にも使用されます。

 

高純度の炭酸ガス(二酸化炭素 )

比重が重く、固体や液体に溶けやすいため、酸味や苦みを増加させます。しかしながら、単価も安く、防虫・防カビ・酸化防止効果が高く、静菌作用もあるため、食品の腐敗防止に多く使用されています。

また飲料の発泡化(生ビールやスパークリングなど)や肉類のタンパク質を分解し、柔らかくジューシーにするために使用されています。
また、バナナなどを腐敗させるエチレンを制御できるため、エチレンガスを発生する多くの果物や野菜類を新鮮に保つために使用されています。

毛穴のタンパク質を効率的に分解するため、洗顔等にも使用されています。

 

 

期待される効果

*上記は社内および治験データです。使用する食品の状態、保存環境、ガスの使用量により効果は異なります。