33万アクセス、ありがとうございます。
飲食品、工業品、医療まで…抗酸化ガスを活用したロングライフ化

 


 

抗酸化システム ルンゴシリーズ
【はじめに】

 

生物が生きるためには酸素は必要不可欠ですが、飲食品や工業品(鉄などの金属品・化学品・ゴム品など)、そして人の体を劣化・腐敗や老化させます。人の皮膚や内臓の細胞は酸化等により細胞破壊が生じ、水分が放出され、新しい水分を取り込めなくなり老化します(肉や魚のドリップと同じように)。

 

酸化や細菌による飲食品や工業品の劣化や腐敗のスピードは酸素量・温度・湿度・光などの環境に大きく影響されます。
飲食品の市場では二酸化炭素、アルゴン、酸素の溶け込みによる変質(風味変化・酸化・変色)から守るため、製造時のガス置換包装は今では一般的です。

 

身近な例として、ワインのボトリング、焙煎コーヒー豆、茶葉、ポテトチップス、ソーセージ、コンビニエンスストアのお惣菜など、ガス置換包装により長期間流通しています。とりわけ開栓すると1-2日で酸化してしまうワインは窒素ガス置換により、何十年も新鮮に保存されています。