17万アクセスありがとうございます。


食材・加工食品からコンビニのお惣菜まで、飲食品の美味しさと安全性を長く保つため先進食品工場で導入されている「ガス置換包装」技術をついに卓上で実現!

バルクレップインターナショナルでは移植用臓器のロングライフ化を実現する保存・輸送ケースの開発を進めており、その開発過程で医療用パーツを使用して誕生した製品群がルンゴシリーズです。ルンゴ(イタリア語で長くの意味)シリーズは食材を含む飲食品や生体の酸化を含む変質や微生物繁殖による腐敗を防ぎ、長期間新鮮に保つ抗酸化システムの総称です。多くのパーツで医療パーツを使用しています。

近年、飲食品起業では食品を新鮮な状態で長く流通させるため、ガス置換包装システム(Wiki)を導入する先進食品工場が増加しています。2021年度、いくつかのコンビニエンスストアではお惣菜もガス置換包装にし、賞味期限の延長と食中毒菌の抑制に成功しています。 完全な真空は困難な場合も多く、食中毒菌は死滅しない事、またプラスチック樹脂は水分や酸素などの気体を透過するため、ポテトチップス、珈琲豆、茶葉などのようにミックスガス置換とアルミ包装の組み合わせも一般的です。

ガス置換包装システムは、食品の変質(風味ロス、酸化、微生物繁殖による変敗・腐敗)を抑制し、美味しさ、新鮮さ、安全性を長期間維持する革新的技術ですが、小規模施設やご家庭での導入は現段階では困難、また開封後は空気保存になるため、開封後の飲食品でも卓上で簡単にガス置換できる技術と製品を国内外の企業 のタイアップによって開発しました。

English Summary for Lungo-series←クリック



 

 

先進食品工場で導入しているガス置換包装を卓上で実現!容器に抗酸化ガスをワンプッシュ噴射するだけで、食材から調理品まで、あらゆる飲食品の酸化を含む変質やカビや食中毒菌を含む微生物の繁殖を抑制し、美味しさと安全性を長期間保ちます。
用途は「開封した飲食品の保存」、「お弁当などの調理品や食べ残しの保存」、「小規模での製造品・調理品の包装」、美味しさ安全に長持ち、廃棄の減少により食材を含む食料に関わるコストが削減でき、SDG12.3(食品ロスの削減)にも貢献できます。


 


 

開栓したボトルを2本設置、いつでもワンプッシュで、設定量を、適温で、空気を巻き込み、綺麗に美味しくサーブ。残ったワインはガス置換により約48日間、美味しさそのまま、新鮮に保ちます。
ココが違う! 保存の質 (99.995%窒素・臭いや色素の吸着強力抑制)/ 注ぎの質/ 省スペース/ 省電力/ 安全性/ 拡張性/ お手入れの簡便性により、ワイン愛好家やプロ施設でたくさんご使用頂いています。

 

3. 抗酸化臓器キーパーOrganLungo(開発中) 

摘出した移植用臓器の酸化による細胞破壊を抑制し、その総阻血時間を延長するための臓器保存・輸送ケースを開発しています。

臓器移植には新鮮な臓器しか使用できません。しかしながら、臓器は生鮮食品同様、酸化により短時間で失活するため、限られた時間内に

血流停止→ 摘出→ 輸送用処置→ アイスボックスで輸送→ 到着後前処理→ 移植して血管・神経を接続→ 血流再開

を完了しなければなりません。有効時間は心臓4時間、肺8時間、肝臓は12時間しかありません。

もし酸化を僅かでも遅延させることができれば輸送時間やオペ時間に余裕ができ、臓器移植の成功率も格段に向上すると考えています。

 

食品分野と臓器分野でコラボレーションできる企業様を探索中です。
  • 臓器保存液開発企業様(保管・輸送中の臓器の酸化の抑制による移植臓器の延命)
  • 細胞破壊を抑えての急速凍結・急速解凍開発企業様(臓器の凍結保存の可能性探求)

最近のニュース

 

株式会社バルクレップインターナショナル

国内: https://valcrep.net
Global: https://valcrep.com