【抗酸化システム ルンゴシリーズ】
  • 開栓してからは1-2日で酸化するワインも、製造時に窒素ガスや窒スと炭酸の混合ガス置換包装することで、何十年も酸化せずにオリジナルの風味を保ちます。
  • 開封すると1日で油が酸化してしまうポテトチップのような油菓子も製造時に窒素ガス置換したアルミ包装により、油の酸化を防ぎ新鮮な状態で流通しています。
  • 通常3~5日で酸化してしまう焙煎したコーヒー豆も、アルミ袋に製造時に窒素ガス置換包装することで1年以上は酸化せず新鮮な状態で流通しています。
そこからヒントを経て開発したシステムが”抗酸化システムLungoProシリーズ””抗酸化セラーサーバーVinoLungo”です。

ルンゴシリーズとは飲料・食品・生体の酸化を含む変質や細菌による腐敗を防ぎ、長期間新鮮に保つ装置の総称です。
内外の企業のタイアップによって生まれました。

【Performance】

抗酸化セラーサーバーヴィノルンゴは開栓した2本のボトルを静置・適温保存、ワンプッシュで不活性ガスが飲料を置換し、”設定量を”、”適温で”、”空気を巻き込み”、”美味しく綺麗に”サーブできる小型セラーサーバーです。日常のお手入れはボトル交換時に庫内を拭く程度です。風味維持力/ 注ぎの質/ 保存力/ 省スペース/ 省電力/ 安全性/ 拡張性/ お手入れの簡便性により、ワイン愛好家やプロ施設でたくさんご使用頂いています。

 

テレビ情報番組で使用された設置・操作の動画をアップしました。

【お勧めは保存温度と装着ガスを変えて2台設置】
抗酸化セラーサーバーを2台設置し、用途に応じて使い分け
2台並べても横幅48~50cm(1台23㎝)のコンパクト設計、1台わずか19㎏、100V

(1)12~18℃に設定し、ルンゴN2 (高純度窒素ガス)装着
⇒ミディアム~フルボディの高級ワイン, 本醸造のお酒, ウイスキーなど熟成度の高い飲料

(2)4~10℃に設定し、ルンゴCO2 (高純度炭酸ガス) 装着
⇒ ライト~ミディアムボディのワイン, スパークリング, 吟醸酒, 633ml瓶ビール, 水など

多くの方が、5,000円以上のフルボディの赤ワインにはルンゴN2(8-12本置換/1ボトルの置換に160円)を、それ以外ではルンゴCO2(20-30本置換/1ボトルの置換に約65円)を使用されています。どちらも酸化抑制は約60日間酸化から守ります。

コンパクトボディに1台3役+アルファ

① セラー

  • 7~18℃(VinoLungo)、4~18℃(VinoLungoSP)、開栓設置から最後まで設定温度で静置保管

一般的なワインの飲み頃温度です。

② サーバー

  • ワンプッシュで設定量を、設定温度で、空気を巻き込み美味しくサーブします。
  • ボトルマークの注ぎボタンは押している間注ぎます。
  • グラスマークの注ぎボタンは押して(1~4回)、離した後0.5〜1秒後に押した回数分(1~4回)の容量をまとめて注ぎます。例えばワンプッシュを30mlに設定していて、90ml注ぎたいときに、3回押して(押す離すを3回繰り返す)、指を離すと、3回分(90ml)をこま切れではなく、まとめて空気を巻き込み美味しく注ぎます。

(注意)

  • 飲料チューブを手で触ると細菌が混入し、風味は3~5日しか保てません。触れたら必ず拭いて乾かしてください。
  • ボトルを設置しない状態や飲料が空の状態で放置すると、飲料の糖分が流路で固形化し、注ぎが弱くなります。洗浄せずに放置する場合は水や飲料の入ったボトルを常時装着してください。

 

③ ガス置換による変質抑制

  • ルンゴN2装着:  風味維持、酸化や変色防止し、長期間(約48~ 60日間)新鮮保存。熟成した高級ワインに最適。
  • ルンゴCO2装着:スティル飲料に微発泡性を少しずつ増しながら酸化抑制、酸化や細菌繁殖防止し、長期間(約48~ 60日間)を新鮮保存。ライト~ミディアムワインに最適。N2と比較し約1/3の単価。
  • * 装着したガスカートリッジは途中で交換はできません。途中で取り外すと残りのガスがすべて抜けてしまいます。

+ アルファ(ガス置換包装:専用食品チューブを装着、不活性ガスを充填し飲食品が新鮮長持ち

  • 複数のボトルに上記ガスを充填し、酸化を防止し、長期間新鮮長持ち
  • 食品や調理品の入った食品用袋やケースにガスを充填し、酸化や微生物繁殖を抑制し長期間抑制

(注意)

  • 飲料チューブを手で触ると細菌が混入し、風味は3~5日しか保てません。触れたら必ず拭いて乾かしてください。
  • ボトルを設置しない状態や飲料が空の状態で放置すると、飲料の糖分が流路で固形化し、注ぎが弱くなります。洗浄せずに放置する場合は水や飲料の入ったボトルを常時装着してください。

 

【消耗品は小型使い捨てカートリッジ】

* ヴィノルンゴ、ルンゴプロとも、装着したガスカートリッジは途中で交換はできません。(取り外すと残りのガスがすべて抜けてしまいます)

ルンゴN2(99.995%純度窒素ガス):

  • ボトル内の液体に溶けやすい空気成分(二酸化炭素・アルゴン・ 酸素)を置換し、風味を維持して 酸化・変色を抑制、約4~8週間新鮮に保ちます。ボトル装着時にチューブに触れてしまうと細菌の混入と繁殖により風味は5日持ちません。
  • 熟成した風味あるワインの保存とサーブに適します。
  • 1カートリッジで8-12本のボトル置換

ルンゴCO2(高純度食品用炭酸ガス):

  • スティル飲料のボトル内の空気成分(アルゴン、酸素、窒素)を置換し、発泡性を増しながら酸化抑制(約4~8週間)
  • スパークリングなど発泡飲料の炭酸補填、発泡性を数日間維持します。
  • 633mlの瓶ビールを装着すると装着時は神泡の生ビールのように変化
  • カートリッジで20-30本のボトル置換

 

【 ココが違う!】

  • (詰りや臭いの吸着抑制)流路は生体内で使用する医療材料(SUS304や 特殊ポリウレタン)、 FDA適合(米国医薬食品局安全性)/ USPクラスVI試験適合(カテーテルや人工弁など生体内で使用可)/NSF Standard 61認証(水道管として使用可))を使用し、異物(澱・色素・細菌・ 臭い)の付着や吸着を抑え、多くのサーバーで抱える課題(詰りや臭いの吸着)を克服。 異物(澱、汚れ、色素、細菌、匂い)が付着しにくい理由
  • (風味維持・酸化抑制力)99.995%以上の純度(他の成分2万分の1)の特注窒素ガスカートリッジを使用し、固体や液体に溶けやすい空気中のガス成分(二酸化炭素、アルゴン、酸素)を置換し8万分の1まで減少させ、固体や液体の変質(風味変化や酸化)を抑制します。
  • (経済性)高級ワインも安心、ボトルに残るデッドヴォリュームは2~4ml。流路チューブも短く、チューブ残量や臭いの吸着も最小限に抑えます
  • (経済性) Smart Cooling Systemにより冷却装置の稼働時間を低減し、静音/省電力を実現、電気料金は年間1,000円未満
  • (経済性)省スペース/ 2台並べても横幅50cm程度、ガスカートリッジは装置内に装着
  • (安全性) PSA(日本の電気安全法の技術基準)/ CE(EU加盟国安全性基準)に準拠/ 消耗品は日本製の高純度ガスとJIS規格のカートリッジ(使用後は多くの地域で不燃物として廃棄)、流路系は日本の食品衛生法の安全性基準適合
  • (拡張性)必要に応じて台数を追加、大型ガスボンベの外付けも可能です。ただし、多くの大型ガスボンベの純度は99.99%より低いため、風味維持や酸化防止には特注可能なガスボンベ供給会社に研究用の純度(99.995%<)のガスボンベを依頼してください。