【食品会社が使用するプロの食品保存・包装技術】

飲食品は酸化や微生物の増殖により風味を失い腐敗します。

鮮魚・精肉では酸化により細胞から水分や栄養がドリップして瑞々しさやうま味を失い、ドリップには細菌も繁殖します。

また野菜や果物は酸化だけでなく、自ら発生するエチレンガスにより周囲の食品まで腐敗させます。

食品企業は食材や食品を酸化・変色・カビを含む細菌繁殖から守り、少しでも長く新鮮に保つため、保存や包装工程で空気成分を他の不活性ガスに置換する”ガス置換包装システム(wiki)を導入しています。

例としてポテトチップスなどの油菓子はアルミパッケージに窒素ガスを充填し、油脂の酸化を防止しています。

 

【抗酸化システムルンゴプロシリーズ】

抗酸化システムルンゴプロシリーズ(DIAL MAGIC LS, ONE PUSH MAGIC LS, ONE PUSH MAGIC カスタム) は食品会社が導入しているガス置換保存・包装をお手軽にお手元で実現する商品です。食材から調理品まであらゆる飲食品の酸化や細菌繁殖による腐敗を抑制し、長期間新鮮に保ちます。

ルンゴプロシリーズは下記を組み合わせて使用します。

  • 不活性ガスを噴射する「マルチレギュレーター」
  • 隅々までガスを送り込む「アダプターノズル」
  • ガス圧の安定化させる「シリコンガススタンド」
  • 消耗品の「抗酸化ガスカートリッジ」
    • 「ルンゴN2」(高純度窒素ガス):One Push 8~10円
    • 「ルンゴCO2」(高純度炭酸ガス):One Push 3~4円

【ルンゴシリーズ共通の2種類の抗酸化ガスカートリッジ】

 

【使用用途】

食材から調理品まで、あらゆる飲食品の酸化や細菌による腐敗を抑制し、新鮮に保ちます。

ルンゴN2/ルンゴCO2共通:酸素を含む空気を置換することにより、飲食品全般の酸化やカビを抑制

ルンゴN2: 臭気と色を維持したい飲料と食品の酸化抑制
固体や液体に溶けにくい性質のため、他の溶けやすいガス(二酸化炭素、アルゴン、酸素など)を置換することにより変質から守り、オリジナルの風味・色艶・ビタミンを維持します。そして卵の孵化を阻害し、防虫にも効果的です。

ルンゴCO2: 食材を含めた食品全般の低コストでの酸化・細菌繁殖の抑制
飲料の発泡化だけではなく、高い静菌作用があるため幅広い用途で使用されています。調理済み食品やお弁当等など、微生物の増殖を阻止したい食品の保存に効果的です。また肉類の脂肪分解、野菜や果物・生花のエチレンガス腐敗を抑制します。

 

【使い方】

1リットル未満のボトルや容器: ワンプッシュしてガス噴射し、蓋をします。

冷蔵庫・冷凍庫、トロ箱などの大きな容器:  2リットルにつき1秒程度のガス噴射

 

【期待される効果】

 

期待される効果は開栓したワインは注ぐたびにワンプッシュ噴射、キャップをして冷蔵保存すれば約48日間、美味しくいただけます。(ルンゴN2→熟成の高い風味あるワイン、ルンゴCO2→軽めのドライなワイン)

焙煎したコーヒー豆ではキャにスターを開ける度にワンプッシュ噴射、蓋をして室温保存すれば約3カ月間、色艶や風味を維持して美味しくいただけます。

その他食材や食品類も酸化やカビを含む細菌繁殖の抑制効果により、通常の空気保存と比較して2から8倍の期間、劣化を抑制できます。

また、生鮮食品では酸化による細胞破壊からの栄養や水分の流出(ドリップ)を抑制します。

*保存する食材の種類、ガスの充填量、保存環境(温度・湿度・気圧)によって期待される劣化抑制期間は異なります。

 

 

ユーザー様でのご使用経験の一部