【はじめに】

バルクレップインターナショナルでは移植用臓器のロングライフ化を実現する保存・輸送ケースの開発を進めており、その開発過程で医療用パーツを使用して誕生した製品群がルンゴシリーズです。

近年、食品を新鮮な状態で長く流通させるため、ガス置換包装システム(Wiki)を導入する先進食品企業が増加しています。2021年度、いくつかのコンビニエンスストアではお惣菜もガス置換包装を導入し、賞味期限の延長と真空包装では抑制できなかった食中毒菌の繁殖を抑える事に成功しました。

ガス置換包装は、食品の変質(風味ロス、酸化、微生物繁殖による変敗・腐敗)を抑制し、美味しさ、新鮮さ、安全性を長期間維持する革新的技術ですが、小規模施設やご家庭での導入は現段階では困難、また開封後は空気保存になるため、開封後の飲食品や食べ残し調理品でも、卓上で簡単にガス置換できる技術と製品を国内外の企業 のタイアップによって開発しました。

用途は「開封した飲食品の新鮮保存」、「お弁当などの調理品や食べ残しの酸化や細菌繁殖の抑制」、「小規模での製造品・調理品の包装」、「コーヒ―マシン内の豆、自販機内の飲食品の害虫・酸化・カビなど微生物の繁殖抑制」など

 

 

English Summary for Lungo-series←クリック

 


【抗酸化シリーズ共通 MENU 】 (↓クリック)