ヴィノルンゴシリーズの特徴・機能

抗酸化セラーサーバーヴィノルンゴシリーズ の機能

ヴィノルンゴはコンパクトなボディ(W25xD35xH52cm, 19kg, 100V)で3つの機能を有しています。

  1. セラー: 開栓した2本のボトルを設定温度*で静置保管します。
  2. サーバー: ワンプッシュで設定量を適温・空気を巻き込み美味しく注ぎます。***
  3. 酸化抑制と風味維持:
    • 高純度の食品用窒素ガスを装着により開栓したワインやお酒を酸化や変質から守り、オリジナルの風味を長期間(最大約4週間)保ちます。
    • 高純度の食品用炭酸ガスの装着により酸化抑制効果に加え、ワインやソフトドリンクを微発泡に変化させたり、またスパークリングなど発泡系飲料においては炭酸を補填することにより発泡性をある程度維持することができます。

 

*設定温度: 7~18℃(ヴィノルンゴ)、4~18℃(ヴィノルンゴSP)

**注ぐ量: 設定量、または連続注ぎ
10~99mlの間で自由にサーブ量を設定(2~4度押すと設定量x押した回数の量が一度にサーブ。)120mlを2-3秒で注げます。

ガス圧による注ぎのため、+/-10%弱程度の誤差が生じます。

***ソムリエサーブ:
香りの立ちはじめを楽しみ、口に含んだ時に体温との温度差と唾液成分との接触により、口の粘膜にパーっと開く状態。

 

ヴィノルンゴの特徴

  • 誰でも設定量を適温・空気を巻き込み、美味しく注ぐ
  • 酸化・温度変化・雑菌混入・振動による飲料の劣化を守り、長期間新鮮に保つ
  • 試飲会やセルフサービスにおいて不特定多数がボトルやキャップに触れることによる異物混入のリスクを回避

抗酸化窒素ガスカートリッジルンゴN2を装着:

  • 注ぐたびに高純度(99.995%以上の純度で不純成分は2万分の1)の窒素ガスをボトル内に充填します。窒素ガスは液体や固体に溶けにくい性質を有するため、酸化抑制に加え、オリジナルの風味を長期間(最大約4週間)保ちます。

 

抗酸化炭酸ガスカートリッジ装着: (ヴィノルンゴの場合、カートリッジコネクター内のパッキンの交換が必要です。)
食品用高純度炭酸ガスカートリッジを装着し、注ぐたびに高純度の炭酸ガスをボトル内に充填します。炭酸ガスはアルゴンガスと同様に固体や液体に溶けやすい性質を有し、酸化抑制に加え様々な効果が得られます。

  • ワイン・お酒・ソフトドリンク・水などの飲料を微発泡に変化させます。(注ぐたびに残りの飲料の発泡性は増加)
  •  スパークリング系飲料の炭酸ガス補填により発泡性を維持(約4~10日)します。
  •  瓶ビールをクリーミーな泡の生ビールのように変化させます。

注意:発泡系飲料は少しの振動でも噴き出すため、装着には慣れが必要です。

 

パンフレット 👉 VLSP-4P brochure (20190604)

 

参考飲み頃温度

高い耐久性

  • シンプルな設計と厳選パーツにより高い耐久性と簡単お手入れを実現
  • 細菌、汚れ、色素、匂いなどが付きにくい滑らかな表面構造を持つ、体内でも使用される医療用のチューブ
  • 設置や移動も容易な100Vのコンパクト設計

 

高い安全性

  • 電安法順守
  • 食品衛生法順守
  • 食品と触れるパーツは医療・食品・水道システム等で生体安全性が担保されている材料を使用

 

 高い経済性(低ランニングコスト)

  • 価値ある本体価格
  • 消耗品はガスのみ、 高純度窒素ガスは1ボトル78~128円(定価計算)、高純度炭酸ガスは1ボトル43~50円でフル充填
  • 効率の良い冷却システムが低電気消費と低騒音を実現
    • 庫内6.8ℓ、2枚合わせのドアによりコンプレッサーは低稼働
    • 電気代金は計算上は1台あたり年間1,000円以下

 

用途

高級なワイン・酒・ウイスキー・お茶など

一般のご家庭で

  • ワンプッシュで設定量を適温・空気を巻き込み美味しくソムリエサーブ
  • 開栓した飲料が新鮮長持ち
  • セラーから出して開栓した後の飲酒時間と残りの保管
  • 酸化や変質した飲料による健康リスク回避
  • 機能性モダンインテリアとして

 

お店など

  • 不慣れな方でも設定量を、適温・空気を巻き込み美味しくサーブ
  • 開栓した飲料を新鮮に長期間保管
  • ハイグレードワインのグラス販売
  • 酸化や変質した飲料による健康リスク回避
  • 機能性モダンインテリアとして

 

その他移動する業務に

  • 試飲会での少量も美味しく分配
  • パーティーやラウンジでのセルフサーブ
  • 移動レストランで
  • 撮影用のセットに

 

 

仕様


    原理  ←クリック