ワインを変質・劣化させる一般的に多くで語られる原因は、(1)ブショネ、(2)温度管理と変化、そして(3)酸化です。

ブショネ
ブショネの主な原因は天然のコルクに付着した、または混入した細菌とコルク洗浄時に残された塩素の反応によって腐食している状態です。コルク栓の外部は過熱や酸などで殺菌していますが、内部に細菌が潜んでいる可能性もあります。開栓後、複数日保存されるならば、コルク栓をキャップとして戻さないことをお勧めします。(ブショネの化学的簡単解説”ブショネって?”の項目をぜひご参照ください。)

温度変化
ワインの飲み頃温度は下記に記載されたように種類により異なります。ただ飲み頃温度は人の好みによります。

管理温度に関しては一般的な家庭用冷蔵庫では温度が低すぎる傾向にあります。しかしながら、管理する温度の問題より、ワインやお酒は輸送時・保管時にかかわらず、温度変化を嫌います。冷蔵庫と室温の出し入れによる急激な温度変化はワインに膨張と収縮をもたらし、品質の維持に良いことではありません。

折角ワインセラーで温度管理して保管していても、開栓後に長く室温に長く出していたり、冷蔵庫と室温を繰り返すことは開栓前の徹底した管理からはとても残念に思えます。

理想的温度での”保管⇒ 開栓⇒ 飲む⇒ 残りの保存”の過程において、温度差が小さいこと、温度変化の回数が少ないことはとても重要です。

酸化
食品の酸化は空気に触れた瞬間から始まり、そのスピードは速く、肉や魚を温度変化の激しい室内に放置すれば、酸化が進み腐ります。切ったリンゴも空気に触れると、あっという間に変質・変色します。ワインも同様です。

結局、開栓後のワインの酸化や変質のリスクを長く抑えるためには(1)開栓した後コルクは戻さない、(2)温度は低温で変化を避ける、(3)空気との接触をできるかぎり避ける。ということかもしれません。

しかしながら、栓をして冷蔵庫で保管しても、冷蔵庫からの出し入れによる急激な温度変化、また注ぐたびの新しい空気の混入はさけられないため、変質や劣化を防ぐことはとても困難です。

ヴィノルンゴは設置したボトル内に高純度食品用抗酸化ガスを充填し、設定した保管温度で分注するため、最後まで空気との接触も大きな温度変化もなく、ワインやお酒の変質や劣化を長期間抑制し、いつでも手軽に貴重なワインを楽しめます。

酸化や温度変化による変質・劣化を長期間抑え、いつでもワンプッシュで・・・

VinoLungoの原理 ←クリック