酸化:
酸化とは、対象とする物質が電子を失う化学反応で、物質に酸素が結合または水素を奪われてしまう反応です。

多くの場合はエネルギーを放出して、腐っていく段階と考えても良いかもしれません。

人の場合、老化は活性酸素によるカラダの錆びが原因のひとつです。
活性酸素は、カラダのあらゆる部分を酸化させる原因物質であり、 細胞が酸化すると栄養と老廃物の出し入れがスムーズにできなくなり、肌のシワや、悪玉コレステロールの増加など老化をもたらします。若いうちは活性酸素を自然に取り除く抗酸化作用に助けられますが、加齢にともない(特に40才を超えてから) 、抗酸化酵素が減少し、細胞の酸化が進み、老化のスピードは加速します。

鉄は酸化すると腐食生成物(サビなど)が生成され、本来の性質が変化します。

食物は酸素の存在下で酸化し、色や味が変質し、腐敗してしまいます。そのスピードは保管温度に大きく影響されます。

もし酸素に触れずに適切な温度管理下であれば、より長く酸化は防ぐことができるのですが、人間や金属をその環境に置くことは困難です。食物であれば空気に触れない冷蔵庫や凍結保管装置があれば可能かもしれません。