設置場所に関する重要なご注意

一般的な家庭用小型冷蔵庫と同じですので、宅配便で本体が届きましたら、梱包を解きご自身で設置願います。
価値ある価格の実現のため、梱包は輸送のみを考慮した物であり、美しいものではありませんがご容赦願います。

  • 丈夫で水平な場所
  • 直射日光が当たらない場所
  • 発熱器具が近くにない場所
  • 周囲の温度7~32℃
  • 湿気の多い場所は避ける
  • 水がかからない場所
  • 周囲12㎝以上の隙間を作る
  • アース付き100V電源、または別途アース接続

 

専用ガスカートリッジの装着

  • 電源を切る
  • カートリッジの脱着には、軍手等を必ず着用
  • 背面上部のパネルの四隅のネジを緩め、パネルを取り外す(装着されている古いガスカートリッジを取り外す)
  • 新しいガスカートリッジのキャップを外す
  • 一方の手で装置のコネクター部分、もう一方でカートリッジを持つ
  • ネジ部とカートリッジの取付口を適切に合わせ、カートリッジをゆっくりとねじ込んで行く
  • 軽く当たったところで一度止まる
  • 心の準備をして、一気に力強くねじ込む
  • “プシュー”とガス抜け音がしますが、音が止まるまで一気にねじ込む
  • カートリッジを装置内に戻す
  • 背面上部のパネルを取り付ける

 

保管温度の設定

  • ▲を長押し
  • 画面が点滅したら、▲▼で温度を設定(7-18℃)
  • 決めた温度でボタンから指を離し、しばらく待つ
  • 画面が変われば設定完了

ワンプッシュ分注量を設定

  • ▼を長押し
  • 画面が点滅したら、▲▼でワンプッシュの分注量を決める(5-99ml)
  • 決めた分注量でボタンから指を離し、しばらく待つ
  • 画面が変われば設定完了

 

ボトルの設置

  • 装置の電源が切れていることを確認後、前面ドアを開く
  • 庫内のチューブ(1ボトルにつき2本のチューブ;ガスの出る短いチューブとボトル内の液体を注ぎ口に運ぶ)をボトルに挿入し、ボトルを上部シリコンキャップにねじ込む

 

分注:

  • 装置の前面ドアを閉め、電源On
  • グラスの用意
  • グラスの角度になれるまで、フキン等をご用意下さい。特に一回目は空気とともにかなり生きよい良く分注されるので十分にご注意下さい。
  • 🍷ボタンをワンプッシュし、すぐ離す(離したときにスイッチ反応)
  • ややタイムラグ後、プリセットした分量が分注される
  • 🍷ボタンを連続で押すと、プリセットした分量 X 押した回数分がまとめて分注される
  • ボトルマークは連続分注で押している間、連続分注されます。
  • 注ぐことにより、ガス置換されます

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
*ガスは安全性を鑑み、VinoLungo専用に調整されたカートリッジ以外は絶対に使用されないようお願いします。

カートリッジ容器の強度等の安全性だけの問題だけではなく、食品衛生法により、食品に接触する窒素ガスは99.995%より高い純度が必要ですのでご注意ください。

 

日常のメンテナンス?

安全性への配慮?