装置の原理

For Smart Serving System: ベストの状態で注ぐ仕組み

  • おいしく注ぐ
    • ボトルを設置するキャップには2本のノズルがあり、1本はボトル内の飲料を注ぎ口まで運ぶ特殊なチューブ、もう1本は抗酸化窒素ガスを噴射するノズルです。専用に調整された窒素ガスの噴射圧により、飲料はチューブ内を上昇し、適度に空気を巻き込みながら、ノズルからベストの飲み頃状態*で注がれます。
  •  異物混入を抑制し注ぐ
    • ポンプによる吸い上げ方式とは異なり、窒素ガスの噴射圧による飲料の押し上げのため、底に溜まっている異物(澱・色素・沈殿)の多くは底に残り、飲料への混入を抑えます。またポンプを使用していないため、サーバー装置に起こりえるポンプの詰まりやモーター疲労などの心配はありません。

*ベストの飲み頃状態:
香りの立ちはじめを楽しみ、口に含んだ時に温度差と唾液成分との接触により、口の粘膜にパーっと開く状態を楽しめる温度と空気の混じり具合

 

Anti-Deterioration System: 新鮮さを保つ仕組み

ヴィノルンゴが開栓したての風味を長く保てる理由は

(1)最高純度の窒素ガスで置換するため、ボトル内の酸素や二酸化炭素の比率が最小限に抑えられる

(2)開栓してから飲み終えるまで振動や温度変化がほとんどない

(3)飲料に触れる部品(チューブやノズル)はなめらかな表面構造で細菌の繁殖を抑制(詳しくは”安全性と厳選パーツ”のページをご参照ください)

  • ガスは生体安全性、およびお酒類の新鮮さなど品質維持のため、特別に製造された純度99.995%より高い、食品衛生法に準ずる高純度窒素ガスを使用しています。不純ガス成分は0.005%(2万分の1)未満です。

  • 噴射された窒素ガスにより、開栓時に約21%存在した酸素や二酸化炭素の比率は分注のたびに減少し、ボトルの1/3を消化した時点で1%を切り、最後には窒素ガス比率は99.6%以上になります。
  • もしヴィノルンゴで90%の窒素ガスを使用した場合は最後でも約9.8%、99%を使用した場合は約1.3%の酸素や二酸化炭素が残りますので、必ず純正の99.995%の高純度窒素ガスを使用してください。

 

ヴィノルンゴの特長?

ヴィノルンゴ設置と操作?

安全性と厳選パーツ?

メニューに戻る